【アメリカ】2016年の米財政赤字、予想より低水準も、跳ね上がる

US 2016 deficit jumps but less than forecast

Share Button
【アメリカ】2016年の米財政赤字、予想より低水準も、跳ね上がる

ここ数年の間は少なくなっていたものの、アメリカ財務省は2016会計年度の財政赤字が34%近くも跳ね上がったと、10月14日金曜日に発表しました。しかし、この赤字額は、当初予想されていたものよりも少ない水準になっています。

9月30日までのオバマ政権の予算は、年間で費やされる3兆8,500億ドルのうち、赤字額が5,870億ドルという数字と共に出て来ました。280億ドル以上の赤字は、今年上旬、バラク・オバマ大統領の2017会計年度の予算として予期されていましたが、政府機関が予測していたよりも支出は低く、その差異は限定的でした。

その赤字額は、2009年から2013年の金融危機の間に、税収が落ち込んでいる一方で、政府が金融と自動車セクターを救済する取組みを打ち出した際の、一兆ドル分の不足額を大きく下回りました。

たとえ2016年の赤字額が予想を下回ったとしても、過去一年間の予想よりも遅い経済成長は、経済上の負債の比重を測る、国内総生産に対する負債比率が2015会計年度の2.5%から、3.2%跳ね上がった事を意味します。

アメリカ合衆国財務長のジェイコブ・ルーは声明の中で、もし、2015年後半に議会によって事業税の減税が制定され、政府収入を促進させる措置により均衡が保たれていたならば、赤字額はより小さくなっていただろうと言いました。

“オバマ政権の議題は、急激に持続可能なレベルにまで財政赤字を削減する一方、持続的な経済成長と、記録上、最長連続期間に渡る雇用拡大に拍車をかける事だ”

と彼は言います。

この記事は、2016年10月15日に『The strait times』に掲載された「US 2016 deficit jumps but less than forecast」を翻訳しております。

翻訳元:
US 2016 deficit jumps but less than forecast

新着不動産投資物件