【シンガポール】シンガポールの近い将来の不動産規制緩和は有り得ない

Singapore won't ease real estate curbs 'anytime soon,' MAS says

Share Button
シンガポールの近い将来の不動産規制緩和は有り得ない―シンガポール金融管理局

中央銀行のトップは、シンガポールは住宅価格を10%下げるような不動産規制緩和は当分ないと言います。

住宅ローンの借り換え規制の緩和が先週シンガポール金融管理局によって発表されましが、これは新しい住宅ローン需要を生み出す事よりも、住宅所有者たちの借金の重荷を緩和することを目的としていると、中央銀行のマネジングディレクターのRavi Menon氏は言います。

“これは全く緩和を表すものではない”

Menon氏は言います。

“もし、マーケットへのてこ入れを期待している人がいるなら、これは新しいローンの提供ではないため、役に立たないだろう。この目的は、住宅ローンの新たな重要を作り出すことなく、堅実金融主義の改善である。近い将来の緩和はない。”

住宅所有者で既存の住宅ローンの借り換えをする人は、ローン全体の60%を免れる事ができると、シンガポール金融管理局は言います。この免除は、自己使用のオーナーのみにすぐに適応されました。そしていわゆる総債務返済比率の枠組みは、2013年に導入されました。

シンガポールの住宅価格と売上は、2009年に政府が住宅規制を導入し始めた時から緩和されて、2013年にはTDSRの枠組みや住宅購入に係るより高い印紙税を含む厳しい審査は実施されました。

政府は繰り返し、経済成長の鈍化や失業率の上昇が起こっていても、規制緩和の準備はまだできていないとはっきりと述べています。住宅の価格は2013年のピークから、9.4%下落しています。

この記事は、2016年9月6日にシンガポールの新聞『The Strait Times』に掲載された「Singapore won't ease real estate curbs 'anytime soon,' MAS says」を翻訳しております。

翻訳元:
Singapore won't ease real estate curbs 'anytime soon,' MAS says

新着不動産投資物件