イギリスの住宅価格は予想に反し急騰

UK house price surge defies expectations, says Halifax

Share Button
イギリスの住宅価格は予想に反し急騰

イギリスの10月の住宅価格における、1.4%もの上昇は、低い利率の住宅ローンと、売り物件の不足によって加速したと考えられます。

6カ月間続いた住宅マーケットの減速の徴候に逆らうように、10月のイギリスの住宅価格は予想に反して急騰したと、住宅ローン融資会社であるHalifaxは10月31日の月曜日に言っています。

住宅価格が0.3%の上昇と上方修正した9月に比べ、10月は1.4%も急上昇しました。ロイターの調査に答えたエコノミストたちですら、0.2%程度の上昇しか予測していませんでした。

10月までの3カ月間、住宅価格は前年同期比で5.2%高くなっており、ロイターによる世論調査で示されていた4.8%の上昇よりも更に勢いがあります。

"最近の経済の跳ね返りで、住宅価格は今後短期間に徐々に上昇していくだろう"

と、HIS Markit社のチーフ・エコノミストであるHoward Archer氏は言います。

"不動産の売買活動は、消費マインドを抑制する不透明感と、大きな取引に従事したいという意欲の高まりにより、2017年には徐々に圧縮していくだろう。"

Halifax氏は、住宅価格の成長はここ数カ月では和らぐかもしれないけれども、低い住宅ローンの利率と売り物件の不足が後押しするはずだ、と言います。

住宅ローン融資会社のライバルであるNationalwide社が先週行った最新の調査は対照的で、こちらは過去15カ月で上昇した後、10月の住宅価格は横ばいだという結果を見せています。

この記事は、2016年11月4日に『The Guardian』に掲載された「UK house price surge defies expectations, says Halifax」を翻訳しております。

翻訳元:
UK house price surge defies expectations, says Halifax

新着不動産投資物件