失敗を回避する!不動産投資のリスクコントロール

Risk Control of Real Estate Investment

Share Button
失敗を回避する!不動産投資のリスクコントロール

不動産投資のリスクって?のページでは不動産投資のリスクを紹介しました。
不動産投資にはリスクはつきものです。リスクを回避するための方法をご紹介します。

「空室リスク」を回避するには?

不動産投資において、貸室は商品です。そのため、入居者に気に入ってもらうために、魅力的な商品づくりが不可欠です。
具体的には維持管理をしっかりと行う、入居しやすい募集条件にする、適度にリニューアルを行うことなどにより商品価値を高めることが大切です。
また、募集を行う仲介業者の選定も重要です。たくさんお客さんを連れて来られる業者もいれば、そうでない業者もいます。
購入時には、入居者が集まりそうな立地かどうかをきちんと見極めましょう。
家賃保証、マスターリース契約などにより空室リスクを回避する方法もあります。

「賃料変動リスク」を回避するには?

こちらも魅力的な商品づくりが重要です。適度にリニューアル等の追加投資を行うことも大切です。
また物件購入の際は、安定的な賃料が見込める立地かどうかを見極めましょう。
長期借り上げ契約などにより賃料の安定化を図る方法もあります。

「地震・津波等の天災リスク及び火災リスク」を回避するには?

地震保険や火災保険の加入により回避できます。
購入時は、地盤が固い地域かなどのエリア特性、建物が堅固か、消防設備が万全かなどの建物特性を把握することが大切です。

「突発的な修繕・建物老朽化リスク」を回避するには?

維持管理をしっかりとすることにより、老朽化を遅らせることができます。
また、長期的に修繕計画を立て、万が一の時にも対応できるように積立を行うなどの対策が有効です。

「価格変動リスク」を回避するには?

転売目的でなく長期保有目的であれば、ある程度価格変動リスクからは解放されます。
もし売却を考えるなら今が売り時かどうか、今後マーケットがどのように変化していくのかの予測など、専門家の意見を聞きながら見極めることが重要です。
購入の際は、このエリアが下落リスクに強いエリアかどうかしっかりと調査しましょう。

「流動性リスク」を回避するには?

人気が高い立地であれば、それだけ需要があるので流動性リスクは小さくなります。
また、特殊性・個別性が強い物件ほど売却が難しくなるため注意しましょう。

「金利上昇リスク」を回避するには?

借入を減らしたり、固定型ローンを利用したりすることで、金利上昇リスクは縮小できます。また、金利上昇局面では、繰り上げ返済を効果的に活用しましょう。

「為替リスク」を回避するには?

外貨で入ってくる賃料を円転する際は、どのタイミングで行うべきか見極めが必要です。
また、売却する際も、為替変動を見極め、今が売り時かどうか、今後、為替レートがどのように変化していくのかの予測など、専門家の意見を聞きながら、見極めることが重要です。

「地政学リスク」を回避するには?

海外資産に投資する場合は、地政学リスクは避けては通れません。そのリスクがリターンに見合ったものであるかなど、リスクとリターンのバランスに注意しましょう。

新着不動産投資物件