区分所有と一棟マンション、どっちがいいの?

Which 'are the best, classification ownership and one apartment building?

Share Button

区分所有と一棟マンションでは、金額も全然違いますがそれ以外にも様々なメリット・デメリットがあります。
一般的にマンションの不動産投資をの王道といえば区分所有であり、多くの投資家がこの区分所有物件を所有しています。
マーケットも流動性が高く、将来売却もしやすいといったメリットがあります。

しかしながら、当然自分の所有する区分建物に賃借人がつかなければ、サブリース契約でもない限り、空室の間は収入を得ることができません。
また、マンション自体のルールは既に決められており、賃借人募集の際に自分でルールを変更することはできなくなりますので、融通はききにくいといえるでしょう。

一方、一棟マンションの場合は価格は区分所有に比べると格段に高いのですが、収益性が高く、物件によっては100%のフルローンも可能のため自己資金は少なく投資できる可能性があります。
また、全部屋すべてが空室になるという事はまれですので戸数の分だけ空室リスク分散できますし、マンションの管理や使用のルールなども独自に変更する事ができます。
たとえば、ペット可能や外国人可など、条件を賃借人の付きやすい条件に変更することが可能です。

また、一棟買いの場合は万が一火災や地震で建物が焼失、倒壊した場合でも土地だけは残りますので、アパートを再建築する場合も土地を売却して投資資金にする場合も、区分所有と比べると一棟買いの方が格段に有利です。

新着不動産投資物件